プロフィール

モフモフ幸タン
書いてる人: にゃっちママ
ネコと一緒にグータラするのが
最高の幸せだと思ってます(笑)
最近はほぼ街森プレイ日記と
化しているブログです(汗)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新の記事

コメント・トラバについて

記事と一切関係ないもの、
(特に宣伝目的と思われるもの)
当方で不適切と判断したものは
予告なく削除することがあります
(TBは認証後表示されます)

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

全タイトル一覧

全タイトルを表示

RSSフィード

いつでも里親募集中


たくさんのワンコ、ニャンコが
出会いを待ち続けています…

メール

メールはこちら

携帯版やどかりにゃんこ

QRコード

やどかりにゃんこ
甘いもの美味しいもの、お出かけの思い出、ときどきニャンコの徒然日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新江ノ島水族館に行ってきました ~後編~
前編の続きです。

『深海コーナー』の次は『クラゲファンタジーホール』へ。
ふわふわと水に漂うクラゲたちを眺めてきました(*´▽`)

群れるタコクラゲたち(´∀`)


入口の左にある水槽にいたのは『タコクラゲ』たち。
タコに似ているから、という非常にわかりやすい名前のクラゲです(笑)。

同じ水槽には『コティロリーザ・ツベルクラータ』という小さなクラゲも。
こちらはなかなか美しい色をしていました。

コティロリーザ・ツベルクラータ

触手の先端が紫色なのがカワイイ(*´▽`)

他には『アマクサクラゲ』や『アカクラゲ』など
いかにも毒がありそうな長い触手を持ったクラゲがいましたが
撮影した写真はどれもイマイチで(;´Д`)
しかも触手が他のクラゲと絡まっちゃったりしてたし・・・(汗)。

そんなクラゲたちと違って、長い触手もなく
比較的撮影しやすかったのが『ミズクラゲ』。

ミズクラゲの水槽

日本中のどこでも、東京湾でもカンタンに見つかるあのクラゲです(笑)。

ピンク色に照らされたミズクラゲたち(´∀`)

昔、潮干狩りに行った干潟で砂の上に取り残されて
ちょっと乾きかけてるところをよく突いたりしましたが・・・
そんな『ミズクラゲ』でも、水に漂う姿にはココロ惹かれます(´∀`)

入口の右側、タコクラゲの水槽の向かい側にあった水槽には
『ブルージェリーフィッシュ』たちがいました。

ブルージェリーフィッシュ

コロンした丸い体がとても可愛いクラゲたちです(´▽`)

名前には『ブルー』とついてますが、この青い色は体内にすむ藻類の色で
同じ仲間でも白いものや赤いものなんかもいるらしい。
なかなかオシャレなクラゲさんです( ̄ー ̄)

時間が経つのも忘れてついつい魅入ってしまうクラゲたち。
もっと見ていたかったんですが・・・時間が限られていたのでそうもいかず。
次に行ったときには飽きるまでずっと眺めていたいなぁ(笑)。


『クラゲファンタジーホール』の次は『冷たい海・暖かい海ゾーン』へ。
ここには『クマノミ』や『ナンヨウハギ』、『タテジマキンチャクダイ』など
わりとなじみのある魚たちがたくさんいたんですが・・・
写真はどれも上手く撮れてませんでした(ノ∀`)
みんな動きが速いので、撮影するのが難しくて・・・orz
もっとバンバン写しまくってくればよかったかも?
(ヘタな鉄砲も数打ちゃナントカ、ってヤツで(笑))

その次の『今上陛下のご研究コーナー』も写真がなく(汗)。
ここの展示を見るまでまったく知らなかったんですが
天皇陛下って海洋生物の研究なんてされてたんですね(´∀`)
ここにある小さな水槽では、今上天皇の研究されているハゼたちや
秋篠宮殿下の研究されているナマズたちを見ることができました。

続いて『発見の小窓「小さな地球」』へ。
ここには小さな水槽24個が並べられ、それぞれに小さな魚たちが入っていました。
すべての水槽をじっくり見ることはできなかったんですが・・・

エビに捕まるトゲチョウチョウウオ( ̄ー ̄)

この『トゲチョウチョウウオ』、エビに捕まってしまって
バタバタ暴れてたのがちょっとおもしろかったです(笑)。

他には、小さいけれどカラフルなエビ(名前はわからず(汗))や・・・

名前のわからないエビ(;´Д`)

小さなミノカサゴなど、可愛い魚たちがたくさんいました(´∀`)

ちっちゃいミノカサゴ(´∀`)

次の『ペンギン・アザラシ・オットセイゾーン』は
残念ながら人垣であまり見ることができず(ノ∀`)
後から戻って見ればいいか・・・とチラッとしか見なかったら
戻って見る時間なんてなかったという(汗)。
もうちょっとちゃんと見ておけばよかったなぁ・・・。


さらに進んで『イルカショースタジアム』まで行ってみると
ちょうどショーがはじまりそうな感じだったんですが
ナイトツアーにイルカショーが含まれていたので
それまでのお楽しみに・・・と昼のイルカショーは見ませんでした。

ところで。

ここにいたとき、なんとなくプールを眺めつつ聞いていた
『前から3列目の座席までは水がかかります』的なアナウンス。
それが後から役に立ったんですが・・・そのヘンは次の記事で(笑)。


『なぎさの体験学習館』をざっと見た後は『タッチングプール』へ。
人の古い角質をついばんでくれる『ガラ・ルファ』がいるとのことで
ちょっと遊んでみようかな? と覗いてみたんですが・・・

あれ? あんまり魚いないぞ?(;´Д`)

人がいっぱいいたわりには魚たちはそんなにたくさんいなかったようで
手を入れていた子供を見ても、寄ってきていた魚はほんの数匹・・・。
以前某ペットショップで見たときほど群れてくれてなかったので
ま、やらなくてもいいか・・・と、手は入れませんでした。

しかしこのガラ・ルファたち、寄ってくるかどうかは個人差(?)があるようで
同行していた友人は相当ついばまれたみたいです(笑)。


閉館時間が近づき、そろそろ集合場所に移動しなくちゃ・・・と出口へ。
最後に出口の前にあった『環境水槽』を見ていきました。

クロホシイシモチの水槽

この水槽にいたのは『クロホシイシモチ』たち。
オスが卵を口の中にくわえて守る、という魚です。

淡いピンクでカワイイ(*´▽`)

淡いピンク色の小さなクロホシイシモチが
数え切れないくらいたくさん泳いでいて・・・
その幻想的とも思える美しさが印象に残りました。


・・・と、ここまでで通常の展示の見学は終了。
あっという間の2時間半でした(*´▽`)
時間の都合上、じっくり見られなかった水槽がいくつかあったので
次に行くときには開館から閉館までめいっぱい楽しんでみたいです(笑)。


スペシャルナイトツアー 前編に続く。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nyacchi.blog26.fc2.com/tb.php/2170-aab08557
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Cats calendar 2012

REAL SCALE 水

都道府県別アクセス


ジオターゲティング

にゃっちママ's WEBSITE

にゃんこ生活
↑幸タンとの日々の暮らし
やどかり亭
↑どこでもいっしょファンサイト

ランキング

↓幸タンに1票
人気blogランキング
ぽちっと応援
にほんブログ村 猫ブログへ
お願いします♪(*^-^*)
FC2ブログランキング
↑1日1クリックずつ有効です♪

同居生活かうんたぁ

同盟

マタタビ無視の会
会員募集中!

改造反対!@どう森

改造データなんていらないよ!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。