プロフィール

モフモフ幸タン
書いてる人: にゃっちママ
ネコと一緒にグータラするのが
最高の幸せだと思ってます(笑)
最近はほぼ街森プレイ日記と
化しているブログです(汗)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

コメント・トラバについて

記事と一切関係ないもの、
(特に宣伝目的と思われるもの)
当方で不適切と判断したものは
予告なく削除することがあります
(TBは認証後表示されます)

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

全タイトル一覧

全タイトルを表示

RSSフィード

いつでも里親募集中


たくさんのワンコ、ニャンコが
出会いを待ち続けています…

メール

メールはこちら

携帯版やどかりにゃんこ

QRコード

やどかりにゃんこ
甘いもの美味しいもの、お出かけの思い出、ときどきニャンコの徒然日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
養老渓谷に行ってきました ~散策編 その2~
川沿いの遊歩道から離れ、県道に向かって歩いている途中
おじさんが呼び込み(?)をしているのを発見。
ちょうど飲み物がなくなってしまったところだったので
お店でもあるのかな? と近づいていってみると・・・

幻の滝 入口

『幻の滝』とな?(´∀`)??


呼び込みをしていたおじさん曰く、この奥に5つの滝があるとのこと。
そしてその滝を見るために階段などを整備しているので
その費用として100円だけもらっている、と。

うーん・・・アヤシイ(笑)。

しかし、遊歩道を歩いて暑さと疲れでヘトヘトだったので
まぁ100円ならいいんじゃん? と騙されたつもりで入ってみました。

なんだかゴチャゴチャした感じ(;´Д`)

中は何やらゴチャゴチャとしていて、さらにアヤシイ雰囲気(笑)。
茶屋として営業しているようでメニューがいろいろ書かれてました。

そしてこんな看板を発見。

『ネッ♪』って言われても(笑)

うーん・・・(;´Д`)

これで滝がちっちゃかったら・・・とか思ってしまったのですが
おじさんに案内されて茶屋から滝を見下ろしてみると。

崖の下には立派な滝が(´∀`)

おぉ、なかなか立派な滝ではないですか( ̄ー ̄)
さっそく滝のふもとまで下りてみることに。

・・・が、滝まで降りる道がコワイのなんの(汗)。

かなりの急斜面に強引に階段を作ってある感じなので
手すりがついていても降りるのにひと苦労・・・。
踏み外して転げ落ちるんじゃないかと思いました(ノ∀`)

そんな階段を全部降りると、滝のすぐ目の前まで行くことができました。

一番大きかった滝

落差も結構ありました

上からは2つの滝しか見えませんでしたが、確かに5つの滝がありました。
なかなか大きくて見事な滝で100円は高くなかったな・・・と(笑)。

滝を堪能した後は再び急斜面の階段を上って茶屋へ。
・・・って、下りよりさらに大変でしたが(;´Д`)
休憩のために来たハズだったのに、さらにヘトヘトに・・・(笑)。
茶屋に戻ってから、今度こそベンチに座って休憩。
滝を見ながら冷たいラムネでひと息つけました。

ところでこの『幻の滝』、ガイド本とかには『小沢又の滝』と載ってました。
こちらが正式な名前のようです。
『幻の滝』って、おじさんがつけた名前じゃないのかな?( ̄ー ̄)


滝見苑のレストランで昼食をすませた後は車で5kmほど下流へ移動。
観音橋を見に行ってみることにしました。

再び車を駐車場に停め、さっそく観音橋へ・・・と思ったんですが
移動中に気になった場所へ先に行ってみることに。
その気になった場所、というのがコレ。

足湯発見!('Д')

足湯です( ̄ー ̄)

養老渓谷といえばやはり温泉ですが、ドライバーがダンナひとりなので
日帰り温泉でのんびり・・・というのはなかなか難しく。
(帰り道に居眠り運転で事故ったらシャレにならんし)
でも足湯なら気軽に入れるし、足の疲れを取ることができるもんね(*´▽`)

建物の前には源泉もありました。

黒湯の源泉

温かいのかな? と思ったら、フツーに冷たかったです。
黒っぽい温泉がこんこんと湧き出てました。

この『足湯やすらぎ』は駐車場の敷地内にある感じで
駐車場の利用者はひとりだけ無料になるらしい。
それ以外はひとり100円で利用できます。

養老温泉の黒湯に足をつけると・・・

ちゃぽんとな(*´Д`*)

あっつ!!('Д')

思ったより熱めでちょっとビックリ(笑)。
でもすぐに慣れて、なんともいえない気持ちよさに。
開け放たれた窓を渓谷の爽やかな風が吹きぬけて・・・


はぁ~、極楽極楽(*´Д`*)


あまりの気持ちよさに出るキッカケがつかめず
20分くらいボケーッとしてしまいました(笑)。


足湯で癒された後は今度こそ観音橋へ。

観音橋

朱塗りの太鼓橋は養老渓谷の観光名所であるらしい。

養老川にかかる観音橋

橋の上からは養老川を見下ろすことができます(´∀`)

観音橋から見た養老川

橋を渡った先には出世観音があります。

すでにヘトヘトだったのに、結構歩くよ? 的な看板が立ってて
本気でやめようかとちょっと思った(笑)んですが
せっかくここまで来たんだし、頑張って行ってみることに。

赤い幟のある道を歩いて行くと・・・

トンネルが出現。

トンネル?((((゚Д゚;)))

一応ライトが中にあったものの、この時間にはまだ点いてなく
薄暗いトンネルはちょっと不気味な感じ・・・。
『千と千尋の神隠し』みたいな?

そんなトンネルを抜けると、ぱっと開けて出世観音の本殿がありました。

出世観音

この『出世観音』は源頼朝も訪れたという祈祷の名刹だそうです。
日本史オンチなので説明書きの途中でメゲてしまいましたが(笑)。

参拝した後は来た道を戻り、養老川の夕暮れの川原へ。
バーベキューをしにきた人たちが川原にいっぱいいて
のんびりお散歩・・・という雰囲気でもなかったので
少し歩いただけで養老渓谷を後にしました。


プリントアウトして持っていった観光マップだけを頼りに
行き当たりバッタリでウロウロした感じだったんですが
ガイド本に載っていた場所はほとんど行ってました。
日帰りでも十分楽しめましたが、温泉を堪能するなら
やっぱり泊まりで行った方がいいかな? という感じです。

そんな養老渓谷プチ旅だったのでした(*´▽`)


参考リンク:養老渓谷温泉郷

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

わしはうどん・そばのほうに魅かれる・・・
夏なのにそうめん、ひやむぎ無視ってうどん三昧です
【2008/08/24 18:40】 URL | 桜 #- [ 編集]

コメントありがとうございます♪
>桜さん
オイラは根っからのうどん派( ̄ー ̄)
いつか本場の讃岐うどんを食べに行きたい

そうめんってなんか・・・あんまり好きじゃないのよね
よく『つるっとしたのどごし』とか言うけど
どんなモノでもモグモグしないと食べれない人なので
そうめんの良さが理解できないというか(汗)
ひやむぎについてはほとんど食べたことがないので
どんなものなのかもアヤフヤです(;´Д`)
【2008/08/25 17:11】 URL | にゃっちママ #IYJVJM3w [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nyacchi.blog26.fc2.com/tb.php/1685-403754bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Cats calendar 2012

REAL SCALE 水

都道府県別アクセス


ジオターゲティング

にゃっちママ's WEBSITE

にゃんこ生活
↑幸タンとの日々の暮らし
やどかり亭
↑どこでもいっしょファンサイト

ランキング

↓幸タンに1票
人気blogランキング
ぽちっと応援
にほんブログ村 猫ブログへ
お願いします♪(*^-^*)
FC2ブログランキング
↑1日1クリックずつ有効です♪

同居生活かうんたぁ

同盟

マタタビ無視の会
会員募集中!

改造反対!@どう森

改造データなんていらないよ!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。