プロフィール

モフモフ幸タン
書いてる人: にゃっちママ
ネコと一緒にグータラするのが
最高の幸せだと思ってます(笑)
最近はほぼ街森プレイ日記と
化しているブログです(汗)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

コメント・トラバについて

記事と一切関係ないもの、
(特に宣伝目的と思われるもの)
当方で不適切と判断したものは
予告なく削除することがあります
(TBは認証後表示されます)

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

全タイトル一覧

全タイトルを表示

RSSフィード

いつでも里親募集中


たくさんのワンコ、ニャンコが
出会いを待ち続けています…

メール

メールはこちら

携帯版やどかりにゃんこ

QRコード

やどかりにゃんこ
甘いもの美味しいもの、お出かけの思い出、ときどきニャンコの徒然日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クライマーズ・ハイを観てきました
公開前から気になっていた映画『クライマーズ・ハイ』を観てきました。

クライマーズ・ハイを観てきました。


1985年8月。
あの夏の日、僕は小学生で、ちょうど父の実家に出発する日で。
出発前にニュース速報のテロップを見た覚えがなんとなくあります。
父の実家にいる間はニュース番組や新聞をチラッと見た程度でしたが
帰宅後、郵便受けに溜まりこんだ新聞をテーブルに置いたとき
無造作に重ねた新聞の一面に、御巣鷹の尾根の墜落現場の写真が
とても大きく掲載されていたことをとても鮮明に覚えています。
その悲惨さ、凄惨さに衝撃を受け、新聞を日付順に並べて
関連記事を片っ端から読み漁ったものでした。

『クライマーズ・ハイ』は、そんな新聞に携わる人々を描いた映画。

伝えたいことを、そのまま伝えられないことへのジレンマ。
正しい情報を逸早く知らせることの難しさ。
信念を貫くことの難しさ。

そんな感情の詰まった映画だと思います。

・・・と、内容については短いですがここまで。
なんというか、上手く書けないので・・・。


んで、ここからは内容以外のことについての感想を。


とにかくセリフが聞き取りにくい。


この一言に尽きます・・・orz

元々あまり聴力が良くない方なので会話などが聞き取れないこともあるんですが
この映画は根本的に会話部分が聞き取り難くなっているようです(´・ω・`)

・・・というのも。

僕らが観た回の直前の上映で『音声が聞こえない』という苦情が出たらしく
音声のチェックするためチケットブースで待機させられたんですが
異常は見られない、ということで通常通り上映されることに。

スクリーン正面後方のシートに座って予告編から観ていたんですが
本編の上映が始まった途端、会話がよく聞き取れないのです(´・ω・`)
それが、ところどころ聞き取り難いなどというレベルではなく
はっきり聞き取れない場面が頻繁にあったのです。

上映後、ダンナに聞いてみたらダンナも聞き取れない部分があったと。
さらに館内のあちらこちらから『会話が聞き取れない』という声が。
なんか腑に落ちないまま出口に向かうと、係員に説明を求めている人も。
このとき、上映前に告げられた『音声が聞こえない』という苦情は
コレのことだったんだな・・・とわかりました。

館内の横の壁にスピーカーがいくつも付いていたわりには
正面からしか音声が聴こえてきていないような感じだったので
音声の出力不足とか、スピーカーのトラブルかとも思ったんですが
係員さんの話によるとそういうことではないらしく・・・。
むしろこれ以上音量を大きくすると、音割れしてしまうとのこと。

どうせ観るなら大きい劇場の方がいいよね、と選んだ劇場でしたが
これなら小さい劇場で観た方が良かったかな?
・・・なんて思いながら帰ってきたんですが。

どうやら映画そのものに問題があったようで・・・(´・ω・`)

Googleのレビューに『会話が聞き取り難い』という意見が多々あるのを見て
劇場が悪かったわけではなかったのか・・・と。
レディースデーで安く見れたので、もう一度他の劇場で観ようかとも思ったんですが
どこで観ても聞き取り難いなら意味はないかな、と。
DVDを買って、聞き取れない部分は巻き戻して・・・って観た方が良さげ?

内容はとても興味深いものだったし、2時間35分もあっという間だったので
この『聞き取り難さ』は本当に残念としか言いようがありません。
もうちょっと・・・なんとかならなかったのかなぁ?(´・ω・`)


あと、悪いとまでは言わないけど気になった部分があるとすれば
過去と現在の場面がなんの前触れもなく行き来し過ぎというか・・・。
冒頭からしていきなり時間が飛ぶので少々わかりづらかったです(ノ∀`)

監督の前作『魍魎の匣』もそういう構成になっていたので
この監督さんは時間軸をずらすのが好きなんだな、というのはわかりましたが。
効果的に使われていれば良い手法なんだろうけど・・・ちょっと、ね(;´Д`)
まぁ『魍魎』よりかは遥かにわかりやすかったですけども。

気になったのはこれくらいかな?


最後に。

もう二度と、あのような悲しい事故が起こりませんように。
犠牲者の方々のご冥福を心からお祈りいたします。

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nyacchi.blog26.fc2.com/tb.php/1630-efbcffd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Cats calendar 2012

REAL SCALE 水

都道府県別アクセス


ジオターゲティング

にゃっちママ's WEBSITE

にゃんこ生活
↑幸タンとの日々の暮らし
やどかり亭
↑どこでもいっしょファンサイト

ランキング

↓幸タンに1票
人気blogランキング
ぽちっと応援
にほんブログ村 猫ブログへ
お願いします♪(*^-^*)
FC2ブログランキング
↑1日1クリックずつ有効です♪

同居生活かうんたぁ

同盟

マタタビ無視の会
会員募集中!

改造反対!@どう森

改造データなんていらないよ!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。